本文へ移動

なでしこ9大会連続W杯出場決定 菅沢の4発はじめタイを圧倒し準決勝進出【サッカー女子アジア杯】

2022年1月30日 18時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
相手DFを背にボールをキープするFW菅沢(AP)

相手DFを背にボールをキープするFW菅沢(AP)

◇30日 女子アジア・カップ 準々決勝 日本7―0タイ(インド・ナビムンバイ)
日本女子代表(なでしこジャパン)がタイに完勝し、準決勝進出。2023年にオーストラリアとニュージーランドの共催で開催される女子W杯出場権を獲得した。日本は第1回から9大会連続出場となった。
地力に勝る日本は立ち上がりから圧倒的にボールを支配。前半27分にFW菅沢(三菱重工浦和)のゴールで先制すると、前半ロスタイムにはMF宮沢(マイナビ仙台)が追加点。後半も3分にMF隅田(同)、20分に菅沢がPKでこの日2点目を決め、31分にはFW植木(日テレ東京V)と得点を重ね、35分には菅沢がハットトリックを達成した。
11年にドイツで開催されたW杯を制している日本は、アジア杯3連覇を目指し、2月3日の準決勝で中国―ベトナム戦の勝者と対戦する。(時間は非公式)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ