本文へ移動

“アンカツ“安藤勝己さん、中京シルクロードS制したメイケイエール「地力がやっぱり違うしコンビの息も合っとる」

2022年1月30日 16時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
安藤勝己

安藤勝己

 元笠松、JRA騎手で競馬評論家の「アンカツ」こと安藤勝己さん(61)が30日、自身のツイッターで中京メインの短距離戦シルクロードステークス(G3)を回顧した。
 レースは好位から直線で鋭く伸びた2番人気のメイケイエールが昨年3月以来の重賞勝ち。アンカツさんは「スタート決めて逃げるかもと思ったけど、行きたい馬を行かせてしっかり折り合った。差しの流れを早め抜け出しで押し切ったで、地力がやっぱり違うしコンビの息も合っとる」と、池添騎手の騎乗も含めて評価した。
 さらに「毛ヅヤなんかからも、次はもっと良くなりそう。そうなると引っかかる可能性あるで、真価を問われる本番やね」とスプリンターの今後に注目した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ