本文へ移動

旗手を務める郷亜里砂「笑顔でしっかり歩いていきたい」一人で団旗受け取る【日本選手団結団式】

2022年1月29日 21時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
会見する日本選手団旗手でスピードスケート女子の高木美帆(JOC提供)

会見する日本選手団旗手でスピードスケート女子の高木美帆(JOC提供)

 2月4日開幕の北京五輪に出場する日本選手団の結団式が29日、東京都内で行われた。
     ◇
 旗手を務めるスピードスケート女子の郷亜里砂(34)=イヨテック=は「笑顔で選手たちの先頭に立って、しっかり歩いていきたい」と抱負を語った。
 ともに大役を果たすノルディックスキー複合男子の渡部暁斗(33)=北野建設=が海外遠征で結団式を欠席。一人で団旗を受け取ったことから「思っている以上に重くて、この大役の重みもさらに感じました」と正直な胸の内を明かした。ただ、責任を果たすという気持ちは強まったようで「しっかり務めていきたい」と意気込んでいた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ