本文へ移動

【ヤクルト】高津監督、近親者のコロナ感染で沖縄入り日程変更 2回陰性になった時点で移動へ

2022年1月29日 18時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクルト高津監督

ヤクルト高津監督

 ヤクルトは29日、高津臣吾監督(53)の近親者が28日に新型コロナウイルスの陽性判定を受けたため、同監督の春季キャンプ地(沖縄県)入りを変更すると発表した。
 所轄保健所からは濃厚接触者と判断されなかったが、万全を期すためにPCR検査で2回陰性になった時点で移動する。高津監督は25日の定期PCR検査で陰性判定を受けている。
 ヤクルトでは27日に池山隆寛2軍監督(56)の新型コロナ感染が判明。1、2軍ともに2月1日のキャンプ初日から監督が不在となる緊急事態を迎えた。
 これを受け、1軍キャンプは高津監督が合流するまで松元ユウイチ作戦コーチ(41)を中心に各担当コーチが話し合いながら進行。2軍は池山監督が合流するまで城石憲之2軍チーフ兼守備走塁コーチ(48)、尾花高夫2軍投手チーフコーチ(64)、宮出隆自2軍打撃コーチ(44)を中心に進める。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ