本文へ移動

有村架純、ビンタという”任務”きっちり遂行!受けた森田剛「重~いやつでしたね」

2022年1月29日 15時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
映画「前科者」について話す有村架純

映画「前科者」について話す有村架純

 女優の有村架純(28)が29日、東京都内で公開中の主演映画「前科者」(岸善幸監督)の公開記念舞台あいさつに共演の森田剛(42)らと出席した。
 同名漫画の実写化で、罪を犯した者たちの更生・社会復帰を目指して奮闘する保護司を描く。
 主人公の保護司・阿川佳代を演じた有村は「人を救う、人に寄り添う、人を許す。そういうことを改めて自分自身と向きあって考えてくださる方が増えたら幸せです」と呼び掛けた。
 クライマックスシーンでは、佳代が保護観察を担当する工藤誠(森田)にビンタする。有村は「森田さんに対してビンタする“任務”だけのことしか考えられなかった。気持ちを込めてやらないと、ただ痛いだけになってしまうし、本気でやるぞ、と心に誓ってその日を迎えた」という。森田は「ものすごいものを持ってましたね。重~いやつでしたね」と熱演をたたえた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ