本文へ移動

【ボクシング年間表彰】殊勲賞に尾川堅一、聖地MSGで初めて王座を獲得した日本人選手が評価

2022年1月29日 15時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
尾川堅一

尾川堅一

 ボクシングの2021年度年間表彰が29日発表され、殊勲賞にIBFスーパーフェザー級王者の尾川堅一(33)=帝拳=が選ばれた。昨年11月27日に米ニューヨークのマディソンスクエアガーデン(MSG)Huluシアターで行われた同級王座決定戦で3度ダウンを奪った末に快勝。聖地MSGで初めて王座を獲得した日本人選手となったことが評価された。
 「殊勲賞に選んで頂き、うれしく思います。どんどん海外で戦って、日本人は強い、尾川は強いと証明していきたいと思います。2022年もご期待ください! K.O」と、尾川は所属ジムを通じてコメント。すでに英大手プロモート会社マッチルームとも契約しており、海外でさらに活躍することになりそうだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ