本文へ移動

着物生かしリメークでペアルック 箕輪の荻原さん「夢はランウェイ」

2022年1月29日 05時00分 (1月29日 14時28分更新)
おそろいのコーディネートを楽しむ荻原さん(右)と上田さん

おそろいのコーディネートを楽しむ荻原さん(右)と上田さん

  • おそろいのコーディネートを楽しむ荻原さん(右)と上田さん
  • 着物からコートを作る荻原さん=箕輪町中箕輪で
 箕輪町中箕輪の自宅で「着物工房綸(りん)」を営む荻原美恵さん(73)が、不用になった着物を洋服にリメークして、パートナーの上田千志(せんし)さん(73)とペアルックを楽しみながら、着物や再利用の魅力を発信している。そろいの服で出掛ける二人の姿は、地元でも注目の的。荻原さんは、コロナ禍の収束後にはファッションショーを開き、二人で出演したいと思っている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧