本文へ移動

乗り物ワイヤレス給電「実現期待」 今春実証実験で知事、協力を約束

2022年1月29日 05時00分 (1月29日 05時00分更新)
大村知事にワイヤレス給電システム試作品を説明する大平名誉教授(中央)ら=県公館で

大村知事にワイヤレス給電システム試作品を説明する大平名誉教授(中央)ら=県公館で

 床や路面の上に乗り物を止めておくだけで、コードやプラグなしで充電できる「ワイヤレス電力伝送システム」開発の実証実験が今春、中部国際空港(常滑市)で始まる。これに先立ち、開発を進める豊橋技術科学大の大平孝名誉教授らが二十八日、大村秀章知事を県公館に訪れ、システムの試作品を披露した。 (阿部伸哉)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報