本文へ移動

中京8Rのラルフは最後甘くなるところが気になりますが、このクラスでは力上位【松山弘平コラム】

2022年1月29日 07時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山弘平

松山弘平

 先週は土曜の中京で2勝。ともにダート戦で逃げ切りでした。2Rのポメラートは力を付けていて、今後が楽しみ。12Rのキタノエクスプレスは、まだ4戦しかしていませんし、それで2勝ですからポテンシャルの高い馬だと思います。
 一方、東海Sのデュードヴァンは残念ながら9着でした。スタートが良くて、いいポジションを取れたのですが、最後の伸びがいまひとつ。結果論にはなりますが、ためる競馬の方が良かったのかもしれません。
 土曜は中京で10鞍の依頼を頂きました。1Rのヴァラダムドラーはダート2戦目で慣れがあれば。2Rのグランデは前回の大敗が気掛かりですが、距離短縮で反撃を期待。5Rのハイコーストは前走、4角で不利があったので、もう少しやれていい馬だと思います。
 6Rのカラフルキューブは昇級で久々なので、まずはめどが立てば。8Rのラルフは最後甘くなるところが気になりますが、このクラスでは力上位でしょう。
 9Rのカワキタレブリーは自己条件なら前進があっても。10Rのリーブルミノルは近走の感じだと、もう少し力を付ける必要がありそう。12Rのロゼキルシュは前走のように展開の助けがほしいところです。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ