本文へ移動

【巨人】菅野が先陣切ってブルペン入り 右手中指の爪割れて出血したがトレーニング効果手応え

2022年1月28日 20時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブルペンで投球練習をする巨人・菅野

ブルペンで投球練習をする巨人・菅野

巨人の菅野智之投手(32)が28日、宮崎県総合運動公園内のひなた木の花ドームでこの日からスタートした合同自主トレで先陣を切ってブルペン入り、6勝に終わった昨季の雪辱と今季の目標に掲げる200イニング登板へ順調に滑りだした。
 ドーム内に早くも乾いた捕球音が響き渡った。奏でたのはエースの菅野。防具こそつけなかったもののブルペン捕手が座った状態でスライダーも交えながら20球。「去年来ていないので久しぶりだけど、やはりこの雰囲気は好きだし、徐々に気持ちが高まっていくと思う」。昨年は東京ドームでキャンプインし、那覇に移動したため2年ぶりの宮崎という高揚感も投球を後押しした。
 順調ぶりは指先にも表れていた。右手中指の爪が割れて出血したが、これはボールが指に掛かっている証拠。「投げて初日に爪が割れるぐらいなので、指には掛かっていると思う」と菅野。オフに指先を強化するために取り組んだクライミングの成果の一端をのぞかせた。
 キャンプでは投げ込みを重点的に行う予定。意識するのはシーズンフル稼働。「最低限にして最大の目標。イニング数にもこだわりたい。200イニング」と思いを強くする。そのためのスタートをまずは順調に切った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ