本文へ移動

久保建はサウジ警戒「アジアで飛び抜けている」しっかり勝ち点差縮める【W杯最終予選】

2022年1月28日 19時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミニゲームでドリブルを仕掛ける久保建英(左)

ミニゲームでドリブルを仕掛ける久保建英(左)

 サッカー日本代表は28日、W杯カタール大会アジア最終予選B組第8戦のサウジアラビア戦(2月1日・埼玉スタジアム)に向け、千葉市内で約1時間半、トレーニングした。27日に中国を2―0で破った日本は同組首位・サウジと勝ち点4差の同15で同組2位。
 MF久保建(マジョルカ)は途中出場の中国戦でトップ下に投入され、17分間プレーした。ゴールに迫るシーンもあったが決定機までは築けず「あの相手で、あの時間なら、もっと強引にいっても良かったかなというのはちょっとある」と振り返った。
 強豪のサウジに関しては「アジアの中ですごい飛び抜けている。アベレージが高い」と分析。負ければW杯出場を許してしまうだけに「しっかり勝ち点差を縮めていくのが大事」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ