本文へ移動

【日本ハム】金子千尋、ビッグボスとの奇縁「感じるものがある」復活のきっかけに

2022年1月29日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
復活へ自主トレで汗を流す金子

復活へ自主トレで汗を流す金子

 日本ハムの金子千尋投手(38)が自主トレをしている沖縄・名護でオンライン取材に応じた。新庄剛志監督(50)とは、ビッグボスが現役引退を表明した2006年4月の日本ハム―オリックス戦で満塁本塁打を打たれた奇縁がある。監督と選手に立場を変えての再会に「感じるものがある」と運命的な何かを感じ取っている。
 16年前の対決の記憶は鮮明だ。金子は「球場はちょっと異様な雰囲気だったような気がする」。2回にソロ本塁打を放った新庄監督は「今年でユニホームを脱ぎます打法」と前触れなしの衝撃コメントを発表。迎えた7回、当時プロ2年目だった金子は新庄監督と相まみえた。
 「外の真っすぐが高めに浮いて、それを右中間に打たれた。あの本塁打で登録を抹消されたんです」。通算129勝の右腕にとって今も忘れられない1球。金子は「ファイターズで対戦したことがあるのは僕だけ。現役がかぶっているのも僕だけ」。新庄監督とグラウンドで同時代を過ごした日々を懐かしんだ。
 昨季は0勝4敗、防御率6・21。厳しい立場は金子も直視している。「肉体的な衰えはあるかもしれない。それを覆したい。また一からやって結果を残したい」。ビッグボスとの奇縁も復活のきっかけとする。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ