本文へ移動

【名古屋グランパス】相馬が慣れないはずの右アタッカーで2ゴール 長谷川健太監督の掲げた「チャレンジ」体現

2022年1月28日 18時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋―沖縄SV 後半、チーム6点目を決める名古屋・相馬(左から2人目)

名古屋―沖縄SV 後半、チーム6点目を決める名古屋・相馬(左から2人目)

 J1名古屋グランパスは春季キャンプ5日目の28日、沖縄県南風原(はえばる)町の黄金森公園陸上競技場で、沖縄SV(九州リーグ)との練習試合を実施し、6―0で勝利した。右サイドアタッカーで出場したFW相馬勇紀(24)は2ゴールの活躍。自らも積極に仕掛け、長谷川健太監督(56)の掲げた「チャレンジ」を体現した。
 挑戦の日々に興奮が止まらない。昨季はグランパスでは主に左サイドで出場。この日は慣れないはずの右サイドだったが、水を得た魚のように生き生きと駆け回った。クロスを上げる選択がある場面でも、ぐっと中央に寄って直接シュート。相手の脅威となった。
 長谷川監督は「トライアンドエラーなので、ミスしてもまた次に課題を改善すればいい」と積極的な仕掛けを指示。相馬は、MFからの縦パスだけでなく、センターバックのDF藤井からも相手DF裏に抜け出し、パスを受けることが数度あった。
 キャンプ5日目とあって、かみ合わない場面もあったが、相馬は「楽しんでプレーすることができたし、チャレンジしないとゴールは生まれないなと実感した。本当に毎日楽しくて、充実しているので、ここからどれだけ成長できるのか、ワクワクが止まりません」と満面の笑み。昨季は2ゴール8アシストと、チャンスメーカーとしての側面が強かったが、点取り屋としての才覚も徐々に発揮され始めている。
 右サイドでのプレーは「(左に比べ)相手がクロスを警戒することが多いので、中に行ったときのシュートが打ちやすい」と魅力を感じた。FWマテウスの合流遅れもあって流動的だが、プレーの幅が広がることは間違いない。
 自身に課す今季のテーマは「自分の進化」。ワクワクする日々が、サポーターもワクワクに導く。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ