本文へ移動

久住英二医師「発表される新規感染者数は一部でしかない薄い数字…現状確認し方針変更されては?」と厳しく指摘

2022年1月28日 16時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
久住英二医師

久住英二医師

 テレビ朝日系「中居正広のニュースな会」でコメンテーターを務めるナビタスクリニックの内科医、久住英二医師が28日、ツイッターを連続更新。変異株「オミクロン株」の影響で急増する「新規感染者数」について「分かりやすい数字に注目しがち。そもそも新規感染者の一部、でしかない意義の薄い数字です。コロナによる社会の変化は、別の形で人々の健康を蝕んでいます。重点措置や緊急事態宣言は、愚かな政治家のアリバイ作りに過ぎません」と厳しく指摘した。
 さらに「神奈川県の中核病院も、風邪程度の症状のコロナ患者がベッドを占領していて、コロナ以外の診療に支障を来しているそうです。(神奈川県の)黒岩知事、現状を確認して、方針変更されてはいかがでしょうか?」と意見を述べた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ