本文へ移動

【オリックス】山本由伸が年俸3億7000万円で契約更改「全部取りたい」今季もタイトルを独占だ

2022年1月27日 23時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
契約更改交渉を終え、記者会見するオリックス・山本(代表撮影)

契約更改交渉を終え、記者会見するオリックス・山本(代表撮影)

 オリックスの山本由伸投手(23)は27日、大阪市此花区の球団施設で契約更改交渉を行い、1億5000万円から2億2000万円アップの年俸3億7000万円(金額は推定)で今季の契約を結んだ。大トリで契約更改を終えた右腕は、今季もタイトルを独占する決意を口にした。
 記者会見で昨年一番うれしかったタイトルを問われると「これというより、どれも取れたので、それが一番うれしいです」。今季に向けては「全部取りたいです」と譲るつもりはない。
 チームの後輩、宮城大弥投手(20)は山本からタイトル奪取を宣言。先輩の山岡泰輔投手(26)は「先発なら由伸に追いつき、追い越せるように」と発言。この挑戦状には「とてもありがたいと思います。僕もたくさん練習しているので、はい、負けないと思います」と笑顔で自信たっぷりに言い切った。
 昨年はメガネをかけて契約更改後の会見に登場した。今オフは宮城がそのマネをしたが、山本はメガネなし。その理由については「(宮城が)少しダサかったので、僕は遠慮させてもらいました(笑)」とユーモアたっぷりに説明した。
 自主トレでは投球練習も始めている。球速も150キロ超え。「疑惑の155キロですね。ちゃんとしたトラックマンではないので」と言いながらも「何とかそれぐらいは計測しました」と笑った。今季は連覇、日本一とともに「個人的には去年の自分をまた上回れるように一生懸命投げたいと思います」と抱負を語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ