本文へ移動

伊東純也〝無双〟3戦連発「自分でも驚いている」【サッカーW杯アジア最終予選】

2022年1月27日 22時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本―中国 後半、ゴールを決め、祝福される伊東(中央)

日本―中国 後半、ゴールを決め、祝福される伊東(中央)

◇27日 サッカーW杯アジア最終予選 日本2―0中国(埼玉スタジアム)
 日本のスピードスターが止まらない。MF伊東純也(ゲンク)が史上4人目となる最終予選3戦連発を達成。主力不在の不安を払拭(ふっしょく)する活躍で、日本の窮地を救った。
 「得点するタイプではないので自分でも驚いている。ただ、毎試合ゴールには絡んでやろうと思っているので、それがうまく結果に出ている」
 1―0で迎えた後半16分、またもや大仕事をやってのけた。左サイドの中山のクロスに勢いよく飛び込み、頭でたたきつけた。「雄太からいいボールが来たので、浮かさないことだけを意識して合わせるだけでした」。最終予選歴代2位タイの3試合連続弾で日本の勝利を決定づけた。
 この日も、右サイドは金髪をなびかせるスピードスターの独壇場と化した。序盤からアクセル全開で、サイドを切り裂き続けた。前半11分にはDF酒井との連係で相手DFのハンドを誘い、先制点のPKを奪い取った。
 4―3―3システムに変更して以降、無双状態になりつつある。手がつけられなくなってきても、伊東本人は「もちろん自分が決めたい気持ちもあるが、チームが勝つことが優先」と、フォアザチームを強調しつつ、こう続けた。
 「ゴールに絡めるようにしたいが、自分の特長はアシストやチャンスメークだと思っているので。そういうところを出していきたい」
 次戦はB組首位のサウジアラビアとの大一番。「前回負けているので、しっかりと勝ってW杯に近づきたい」。埼玉スタジアムを沸かせた驚速で、伊東が日本を勝利に導く。
 ◆最多は原口の4戦連発 W杯アジア最終予選では、前回2018年ロシア大会予選で原口元気がマークした4戦連発が日本代表の最多。3戦連発は過去に1994年米国大会予選の三浦知良、98年フランス大会予選の呂比須ワグナーが記録している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ