本文へ移動

違法賭博の英乃海は3月場所出場OK なぜ外出禁止違反の方が重罰? 朝乃山は「力士の生命を脅かしたかも」

2022年1月27日 20時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
英乃海

英乃海

 日本相撲協会は27日、東京・両国国技館で理事会を開き、昨年7月と8月に違法賭博に関与した幕内英乃海(32)には1場所の出場停止と2カ月の20%報酬減額、十両紫電(30)=ともに木瀬=をけん責処分にしたと発表した。師匠の木瀬親方(元幕内肥後ノ海)は八角理事長(元横綱北勝海)から厳重注意を受けた。
 相撲協会のコンプライアンス委員会が調査を行い、英乃海は賭博店への出入りが2回と常習性がなく金額は10万円に満たないこと、紫電は英乃海に付き合ってやむを得ず賭博に及んだとして処分案を理事会に答申。2人は初場所を木瀬親方の判断で休場しており、理事会ではそれを1場所の出場停止処分にあてるとして、英乃海は3月の春場所を出場可能とした。
 外出禁止などのガイドラインに違反した力士との処分の違いについて芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「ガイドライン違反とは大きく違う。違反者が感染して本場所に持ち込んでいたら力士の生命を脅かしたかもしれない。また本場所が中止になっていたかもしれない。(今回の)法律違反はもちろんだめだが、周囲への影響がないケースだということを含めてこういう形になった。反社会的勢力と関係がなかった。外出禁止期間ではなかった。賭け金も高くなく常習性がなかった」と説明した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ