本文へ移動

【FC東京】小川諒也が『打倒長友』堂々宣言「ポジションを奪えるように…今年一年は大事な年」

2022年1月27日 21時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
長友との定位置争いに燃えるDF小川(FC東京提供)

長友との定位置争いに燃えるDF小川(FC東京提供)

 FC東京のDF小川諒也(25)が27日、2次キャンプ地の那覇市内でオンライン取材に応じ、「打倒・長友」に名乗りを上げた。
 首都クラブの左サイドバック(SB)を巡る争いは開幕前、最大の焦点となりそうだ。小川は昨年3月に日本代表に初招集され、国際Aマッチ5試合に出場した。一方で昨夏に長年、日本代表をけん引してきた長友がクラブに復帰。昨季は小川が右SBに移り、長友に定位置を譲った。
 しかし、今季は明け渡すつもりはない。小川は「佑都君がいるからどこかにいこうとは思わなかった」と言い、こう力を込める。
 「自分が目指しているところが日本代表。日本代表の左サイドバックにいるのが長友選手なので、結局は一緒。そこに勝たないと、いつまでも日本代表には入れない」
 今冬には大舞台も控える。大先輩から定位置を奪えば、W杯カタール大会出場の夢も切り開ける。小川は「意識しないと言えばウソになる。W杯に出たいという思いは強くある。今年はチャンス。自分が、そこ(長友)のポジションを奪えるように、今年一年はすごく大事な年になる」と、強い野心を言葉にした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ