本文へ移動

「天下の愚策」小池百合子東京都知事の緊急事態宣言〝検討〟に久住英二医師「入院してても軽症の人がほとんど」

2022年1月27日 19時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
久住英二医師

久住英二医師

 東京都の小池百合子知事は27日午後、都の新型コロナウイルス感染症モニタリング会議後、国に緊急事態宣言を要請する基準の「病床使用率50%」が迫っている点を問われ、「自宅・宿泊療養を含む全体的な医療提供体制の状況や社会活動への影響なども確認しながら総合的に検討したい」などと話した。
 小池知事の発言についてテレビ朝日系「中居正広のニュースな会」に出演するナビタスクリニックの内科医、久住英二さんが27日、ツイッターを更新。「入院してても軽症の人がほとんど。これで意味のない緊急事態宣言だしたら、天下の愚策です」と警鐘を鳴らした。
 東京都は27日、新規感染者が過去最多の1万6538人、病床使用率は44・4%と発表した。一方、重症患者は都独自の基準で18人で、重症患者用の病床使用率は3%台にとどまっている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ