本文へ移動

なでしこ、韓国とドロー 2勝1分けで1次L1位通過決定…植木が先制弾【サッカー女子アジア杯兼W杯アジア予選】

2022年1月27日 18時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本―韓国 前半、植木の先制点に喜ぶ日本イレブン(AP)

日本―韓国 前半、植木の先制点に喜ぶ日本イレブン(AP)

◇27日 サッカー女子アジア杯兼W杯アジア予選 日本1―1韓国(インド・プネ)
 すでに準々決勝進出を決めていた女子日本代表「なでしこジャパン」は、1次リーグC組最終戦で韓国と引き分けた。日本は通算2勝1分けとなり、得失点差で1位通過が決まった。前半1分にFW植木がスピードを生かして中央を抜け、右足で豪快に先制。逃げ切り濃厚と思われた後半30分近くにゴール前の混戦から韓国に押し込まれ、同点とされた。
 日本とともに8強入りを決めていた韓国も2勝1分け。W杯は来年、オーストラリアとニュージーランドで共催され、今大会では開催国の豪州を除く上位5チームがW杯出場権を獲得する。日本は30日の準々決勝を突破すると、1991年の初開催から9大会連続のW杯出場が決まる。
 18日に新型コロナウイルスの陽性判定を受け、宿舎の自室隔離となっていたエースのFW岩渕もベンチ入りしたものの、出場機会はなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ