本文へ移動

東京ベイが27日ホーム『江戸陸』初戦へ「ファンの応援を力に」勝利を目指す【ラグビー・リーグワン】

2022年1月27日 17時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
第2節、浦安FBフォラウ(左)とボールを競り合う合谷(右)。久々の15人制で強さを発揮している

第2節、浦安FBフォラウ(左)とボールを競り合う合谷(右)。久々の15人制で強さを発揮している

 ラグビー、リーグワンの東京ベイ(旧クボタ)は27日、ホームである東京・江戸川区陸上競技場での初戦となる29日の東葛(旧NEC)戦に向けオンライン会見を開いた。
 7人制で行われた東京五輪の日本代表WTB合谷和弘(28)は3年ぶりの15人制復帰で、リーグ開幕から2戦連続フル出場。「15人制は7人制より当たりが強いので東京五輪の後、食事とトレーニングを頑張って体重を5キロ増やしました」と胸を張る。
 チームは今月7日、リーグワン開幕戦をホストチームとして東京・国立競技場で行う予定だったが、対戦相手の埼玉(旧パナソニック)に新型コロナウイルス感染者が出て中止となり、今回は3週間遅れのホスト初戦となる。
 メインスタジアムの「江戸陸」での開催ということもあり、陸上トラック部分の特設席設置、農産物の販売や衣類・食品のリサイクルなど運営面でも独自企画で盛り上げる。合谷は「試合会場は(チームカラーの)オレンジ色に染まると思うし、ファンの応援を力に変えて勝ちたい。トライを取って勝利に貢献したい」と意欲を語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ