本文へ移動

コロナ診療を続ける倉持仁院長に“カッターの刃”届く「この忙しい時になぜこんな悲しいくだらない事を」

2022年1月27日 17時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
倉持仁院長のツイート、カッターの刃が写っている

倉持仁院長のツイート、カッターの刃が写っている

 新型コロナ患者の診療を続けながら、テレビなどで医療現場の声を発信する宇都宮市インターパーク倉持呼吸器内科の倉持仁院長が27日、自身のツイッターで、カッターの刃が届けられたことを報告。「この忙しい時に、なぜこんな悲しいくだらない事をするのでしょうか?」と憤った。
 添付した画像には、テレビ出演時に「PCR検査拡充と自粛の必要性」と持論を書いたフリップを持つ倉持院長の写真に「#いまできること」の文字が記された紙とカッターの刃1枚が写っていた。倉持院長は「報告して捕まえてもらいます」と怒りとともにつぶやいた。
 このツイートには「これは刑事事件だ」「え。カッターの刃!? お怪我無かったですか? 怖すぎます…」「絶対に許してはなりません」「応援してます。犯人は、必ず捕まえるべき」「わぉ超古典的ですね。先生にあげるのはカミソリではないです。感謝です!」「警察に任せて、患者さんの為に頑張ってください」など、倉持院長らへの心配と激励、心無い行為への怒りの声があふれた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ