本文へ移動

松山英樹、練習中に左脚を痛めていた ショットに影響明らか…初日96位と出遅れ【米男子ゴルフ】

2022年1月27日 13時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山英樹(AP)

松山英樹(AP)

 ◇26日 米男子ゴルフ ファーマーズ・インシュアランス・オープン第1日(米カリフォルニア州、トーリーパインズGC)
 ソニー・オープンでツアー8勝目、2022年初勝利を挙げた松山英樹(29)=レクサス=が2週ぶりに復帰。南コースを回り、バーディーとボギーが各3つの72、イーブンで96位と出遅れた。首位とは9打差。9アンダーのトップはビリー・ホーシェル(米国)
  ◇  ◇  ◇
 松山は左脚を痛めるアクシデントにあっていた。ハワイでのソニー・オープンで優勝した後、前週は米本土に戻って休養していたが、トレーニング中に左脚すねを強打した。ジャンプ用の台から脚を踏み外したという。
 「痛みはないが、気になる部分はある」と話し、満足に練習ラウンドできないまま初日を迎えた。
 ショットへの影響は明らかだった。南と北の2コースを回る予選の第1R、松山は多くのギャラリーに囲まれて南Cをプレー。前半は第1打が左に行きがちで、1番でいきなりボギー。2番ではパットが決まって取り返したが、その後もプレーは安定せず、4番と7番はいずれも引っかけてボギーにした。後半はやや落ち着きを取り戻したが、アンダー圏に入ることはできなかった。
 脚の状態は「全然意識はしていなかったが、ソニーでうまく行き始めた感覚とは違う。ちょっとビビっているのかな。でも、かばわずに打ったらまっすぐ行ったところもある」という。だが、96位という位置には「順位見たらすごい下なんで…。ちょっとしんどい。伸ばさないと、予選通過も危なくなる」と深刻な顔。
 第2日に回る北Cは、南Cより距離がなく、好スコアが出やすいが、「練ランもあまりしていないので、どうなるか分からない」。ツアーのポイントランクは現在首位、今大会の公式優勝予想では世界ランク1位のジョン・ラーム(スペイン)に続いて2位に挙げられている。だが、初日はカリフォルニアの太陽とは対照的に、表情は最後まで晴れなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ