本文へ移動

下條のリニア残土置き場の環境調査 JR東海、県と村に結果送付

2022年1月27日 05時00分 (1月27日 14時53分更新)
 JR東海は二十六日、リニア中央新幹線のトンネル工事で発生する残土の置き場となる下條村睦沢の計画地の環境調査や環境影響検討の結果を、県と同村に送付した。今年秋ごろから準備工事を始め、二〇二三年夏頃から本格的な残土の搬入が始める予定。
 計画地は私用地の農地や山林約十万平方メートル、容量は約百十五万立方メートル。盛り土後は村が買い取る方針で、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報