本文へ移動

【中日】大野雄、傷心の仲間に「焦ると思うけど焦るな」新任キャプテンが”焦ってけが”防止へ注意喚起

2022年1月27日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャッチボールする大野雄

キャッチボールする大野雄

 中日の大野雄大投手(33)が26日、チームの複数選手が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを受け、新任キャプテンとして「焦ることなく」と“傷心”の仲間に激励のメッセージを送った。チーム一丸でコロナ禍に立ち向かい、3月25日のシーズン開幕に向け、着々と準備を進める。
 球春到来はすぐそこ。それだけにコロナ禍に巻き込まれた仲間の傷心や落胆、そしてはやる気持ちが痛いほど分かる。大野雄は、今年初めてユニホームに袖を通すキャンプインの2月1日を前に、新キャプテンとしての始動を前倒し。仲間を思いやる言葉を並べた。まずは落ち着いてもらいたい。
 「誰に謝る必要もない。焦ると思うけど、焦ることなく。まだまだ開幕には時間があるんで、間に合うと思う。できることをやっておいてほしい」
 球団では沖縄キャンプを前に24日、選手や首脳陣らチーム関係者計210人を対象にPCR検査を実施。石岡、郡司、森、垣越、味谷の計5選手が新型コロナウイルスの陽性判定を受けた。5人と接触のあった他の選手は自主隔離。27日に予定している沖縄入りに、遅れる選手が出る可能性もある。
 全国での新型コロナ感染者は26日、過去最多となる7万人超え。「誰がなるか分からないですからね。(感染が)広がるようなことは避けないといけない」。その上でアスリートとしての心構えも。「1週間や10日間、動けないとなると、けがにつながる。焦ることなくですよね」と、調整遅れを取り戻そうと起こる“二次災害”への注意を促した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ