本文へ移動

上白石萌歌が実写映画の初吹き替えに「新鮮」 声優の梶裕貴とリアルゴースト退治!

2022年1月26日 21時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミニ・マシュマロマンに囲まれる梶裕貴(左)と上白石萌歌

ミニ・マシュマロマンに囲まれる梶裕貴(左)と上白石萌歌

 女優の上白石萌歌(21)と声優の梶裕貴(36)が26日、東京都内で、日本語吹き替え版で声優を務めた米映画「ゴーストバスターズ/アフターライフ」(ジェイソン・ライトマン監督、2月4日公開)公開前スペシャルイベントに登壇した。
 上白石は実写映画の吹き替えに初挑戦。誰の声も入っていない状態での収録だったそうで「いつもと違う環境で、いろんなことが新鮮」などと振り返った。
 イベント中に巨大なマシュマロマンが出現。マイクを劇中にも登場する「ニュートリノ・ワンド」に持ち替え、2人で撃退した。梶は撃退中も声を張り上げ、「こんな地声でリアクションすることになるとは」と苦笑い。上白石は「好きなので退治するのは悲しい気持ちが…でも、皆さんに被害がなくて良かったです」と語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ