本文へ移動

【卓球】2019年混合ダブルスジュニア世界一の宇田・木原組は順当に準決勝へ【全日本選手権】

2022年1月26日 19時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇26日 卓球・全日本選手権第3日(東京体育館)
 2019年の世界ジュニア選手権で混合ダブルスを制した宇田幸矢(明大)、木原美悠(エリートアカデミー)組は順当に4強入りした。
 左肩亜脱臼明けの宇田は「現時点ではすごくいい感覚でプレーできている」と復調をアピールした。日本協会の強化本部推薦で、全日本選手権は今大会が初出場。「木原も攻撃的な卓球ができるし、細かい台上(のプレー)もすごくうまいので、自分が安心してプレーできる」とパートナーに信頼を寄せた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ