本文へ移動

Sフライ級・橋詰将義と古谷昭男の対戦が地域2冠王座決定戦に【ボクシング】

2022年1月26日 18時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
橋詰将義(大橋ジム提供)

橋詰将義(大橋ジム提供)

  • 橋詰将義(大橋ジム提供)
  • 古谷昭男(大橋ジム提供)
 東京・後楽園ホールで2月28日に予定されている東洋太平洋スーパーフライ級2位・橋詰将義(28)=角海老宝石=―同級3位・古谷昭男(24)=六島=の同級王座決定戦が、WBOアジアパシフィック同級王座もかかる地域2冠王座決定戦として開催されることになった。主催する大橋ジムが26日に発表した。両タイトルは、2冠王者だった福永亮次(35)=角海老宝石=が昨年大みそかの世界挑戦のため返上したため空位になっていた。橋詰は18勝(11KO)2分けと無敗で、古谷は9勝(3KO)4敗ながら現在5連勝中で、IBF同級15位と世界ランクに入るホープ対決だ。
 2月28日のメインイベントではWBOアジアパシフィック・日本スーパーライト級王者で、IBF同級6位の平岡アンディ(25)=大橋=がアオキ・クリスチャーノ(33)=角海老宝石=と対戦。メイン、セミでともに地域2冠タイトル戦が行われる豪華な興行となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ