本文へ移動

最終予選4試合無得点の南野「常に自分がゴールしたいと思っている」中国戦の勝利渇望【サッカーW杯最終予選】

2022年1月26日 18時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
南野拓実

南野拓実

 サッカー日本代表は27日、埼玉スタジアムでの2022年W杯カタール大会アジア最終予選B組第7戦で中国代表と対戦する。日本代表は26日、同会場で最終調整した。
 南野拓実(27)=リバプール=は自らの得点を渇望しながらも、チームの勝利だけを目指して中国戦に身を投じる決意を示した。最終予選4試合出場、無得点の背番号10は「常に自分がゴールをしたいと思っている。それがチームの勝利につながれば一番いいし、自分のベスト」。ただ、W杯切符の獲得が最重要任務なのは重々承知。エゴやうぬぼれの思いは一切ない。「何よりもチームの勝利が一番。自分のできることをやっていく」と意欲的に語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ