本文へ移動

がん経験者が子どもを持つには 里親、養子縁組も選択肢に

2022年1月26日 16時04分 (2月17日 12時19分更新)
 がん治療後に子どもを持つ可能性を残すため、受精卵の凍結保存などの妊孕(にんよう)性温存療法を受けるAYA世代(10代後半~30代)の患者が増えている。ただ、必ずしも妊娠・出産につながるとは限らない。里親や特別養子縁組などで子どもを迎え、育てるのも選択肢の一つだろう。乳がん治療を経て男の子を迎えた愛知県内の40代女性は「望みを捨てないで」と訴える。 (奥田哲平)

乳がん治療を経て特別養子縁組で迎えた子どものアルバムをめくる女性=愛知県内で

1児の母「望み捨てないで」

 女性は二〇一〇年に結婚。子ども二人が理想で、翌年に建てた自宅二階には間仕切りができる部屋をつくった。だが、なかなか子どもが授からず、体外受精に臨んでいた頃に右胸のしこりに気付いた。一二年八月に手術で切除。その後の検査結果で脇に転移が見つかり、医師から抗がん剤などの再発予防治療が必要と告げられた。
 抗がん剤の副作用で卵巣がダメージを受け、妊娠する力が損なわれる恐れがある。同意書に署名すると、涙が止まらなかった。「苦しい不妊治療から解放されるけど、子どもは持てない」。子ども連れを目にするのがつらく、精神的に追い詰められた。
 治療前、受精卵凍結の説明を受けた。ただ、がんの再発がないと確認できた五年後に受精卵...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

暮らし・子育ての新着

記事一覧