本文へ移動

静岡県、まん延防止決定 あすから来月20日まで

2022年1月26日 11時45分 (1月26日 11時48分更新)
 政府は二十五日、新型コロナウイルス対応のまん延防止等重点措置を静岡県など十八道府県に追加適用すると決定した。静岡県では全域で飲食店への時短営業を要請する。県によると、感染対策の認証店には酒類を提供するかしないかを選択させる。二十六日にも措置内容を正式決定する。期間は二十七日から二月二十日まで。

◆認証店は酒提供選択制に

 県によると、感染対策の認証店は午後九時まで営業して午後八時まで酒類を提供するか、営業を午後八時までとして酒類を提供しないかを選ぶ。酒類を提供しない方が協力金は手厚くなる。非認証店の営業は午後八時までとし、酒類提供は認めない。ワクチン接種証明などで行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」は停止する。
 ◇ 
 静岡県の他に新たに重点措置が適用されるのは、北海道、青森、山形、福島、茨城、栃木、石川、長野、京都、大阪、兵庫、島根、岡山、福岡、佐賀、大分、鹿児島。
 九日から適用されている沖縄、広島、山口三県も今月三十一日までの期限を二月二十日まで延長する。感染急拡大が各地で続き、対象地域は三十四都道府県に拡大。国内で二十五日報告された新規感染者は過去最多の六万二千六百十人と初めて六万人を超えた。

関連キーワード

おすすめ情報