本文へ移動

<おばあちゃんの知恵袋> 葉物野菜 

2022年1月26日 05時00分 (1月26日 10時09分更新)
芯が取りにくい場合は、包丁で芯に切り込みを入れる

芯が取りにくい場合は、包丁で芯に切り込みを入れる

水洗い後、新聞に包み保存

 旬を迎えた白菜や小松菜のお鍋の野菜。おいしくいただくために保存には気を配りましょう。
 白菜はそのままの方が長持ちします。今の季節なら冷蔵庫に入れなくても、新聞紙に包み、涼しい場所に立てて保存すればOK。外側の葉からはがして使います。カット白菜はラップをして野菜室で保存。芯があると成長を続け鮮度が落ちるので、芯はカット。芯が取りにくい場合は、包丁で芯に切り込みを入れるだけでもいいです。
 葉物野菜は、水洗いをした後、軽く水気を切って新聞紙に包み、ポリ袋で野菜室に立てて保存します。ポリ袋に入れるのは、低酸素状態にして野菜の呼吸を最小限に抑え、栄養を消費させないため。また立てると、収穫前の自然の姿に近くなり、より長持ちするのです。(NPO法人おばあちゃんの知恵袋の会 村尾宣子のりこ
◇NPO法人おばあちゃんの知恵袋の会のサイトはこちらから
石川さんアプリ

 「With KIDS 北陸」は子育て支援などの情報を伝える石川テレビのスマートフォン用公式アプリ「石川さんアプリ」とコラボしています。アプリのダウンロードはこちらから。

石川さんアプリ

 「With KIDS 北陸」は子育て支援などの情報を伝える石川テレビのスマートフォン用公式アプリ「石川さんアプリ」とコラボしています。アプリのダウンロードはQRコードから。

  • iOS用QRコード

    iOS用QRコード

    (App Storeに遷移します)

  • Android用QRコード

    Android用QRコード

    (Google Playに遷移します)

関連キーワード

おすすめ情報