本文へ移動

「豊山ナンバー」デザイン決まる 航空機とサザンカ組み合わせ

2022年1月26日 05時00分 (1月26日 16時34分更新)

住民による投票で決まった草野さんのデザイン

 豊山町が四月の町制五十周年を記念して全国から公募した原付きバイクのご当地ナンバープレートのデザインが、住民による投票の結果、長崎県の草野敬一さんの作品に決まった。二十五日に町が発表した。
 草野さんのデザインは、県営名古屋空港(同町豊場)のにぎわいを連想させる航空機と町の花サザンカを組み合わせ、輝く街並みで発展性を表現した。草野さんは町を通じて「町のPRやイメージアップなどに活用していただければ」とコメントした。
 デザイン公募には昨年六〜八月に百七十三作品が寄せられた。デザイナーやイラストレーターら五人による一次選考で最終候補五作品を選出。十、十一月に二次選考の住民投票が行われ、投票数四百九十六票のうち、草野さんの作品は二百五票を獲得した。
 ナンバープレートは、排気量五〇cc以下の原付きバイクが対象で、交付は四月一日から。申請書類は町ホームページでダウンロードできるほか、町税務課でも入手できる。ナンバープレートを取得済みの人も、一度だけ変更できる。 (磯嶋康平)

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧