本文へ移動

未来の敏腕GM育てる! 日本球界初「データ分析競技会」開催 データの生かし方をプレゼンテーション

2022年1月25日 20時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 全日本野球協会(BFJ)は25日、日本球界では初の試みとして2月末に行われる「野球データ分析競技会」についてオンライン会見で説明した。高校生や大学生らが3人1組で参加し、球速や打球速度などのデータ活用能力を競う。
 データを的確に活用する野球のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進のために、データと現場をつなぐアナリストやデータサイエンティストらの育成をしたいとの考えで企画。長久保由治事務局長は「野球を見る、する、支えるのうちの支える人たちがチャレンジする場を創出できればいいと思う」と開催の意図を説明した。
 競技会は2月26、27日に東京都内で開催。書類選考を通過した7チームが、昨年までの都市対抗や社会人日本選手権で集めた課題データを現場でどう生かせるかなどを考えてプレゼンテーションし、データ分析の研究者や指導者らが審査し、最優秀賞などを決める。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ