本文へ移動

【J1名古屋キャンプ】吉田晃”のびのびプレー”で試合勘取り戻す 代表招集の中谷からいいとこ取り

2022年1月25日 20時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボールをキープする吉田晃

ボールをキープする吉田晃

 名古屋グランパスは春季キャンプ2日目の25日、沖縄県南風原町の黄金森公園陸上競技場で午前と午後の2部練習をした。
 DF吉田晃(20)は始動以来、FW柿谷らの愛あるいじりを受けながら、のびのびとプレーしている。不遇の2年間を乗り越え「試合の経験をしていないので、試合の感覚がない。練習に参加できているので、頑張って戻そうとしている途中」と言葉を選びながら心中を明かした。
 同じセンターバックではDF中谷が日本代表に追加招集されたばかり。「攻撃のときはどこに立ったり、守備のときはどうだったりとかをしっかり盗んでいきたい」と意気込む。今季の目標を「まずは1試合から頑張りたい」と語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ