本文へ移動

デビュー4戦目の重里 世界戦2度経験の黒田に判定3-0の”ジャイキリ”果たす【ボクシング】

2022年1月25日 20時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界戦経験者の黒田に判定勝ちした重里(右)

世界戦経験者の黒田に判定勝ちした重里(右)

 ボクシングのスーパーフライ級ノンタイトル8回戦が25日、東京・後楽園ホールで行われ、プロデビューからわずか4戦目の重里侃太朗(じゅうり・かんたろう、25)=仲里=が元日本ライトフライ級・フライ級王者で2度の世界戦を経験している黒田雅之(35)=川崎新田=を判定3―0で破る番狂わせを起こした。初回からコンパクトなストレートを中心に積極的に攻め、打ち合いでも上回った。これで重里は4戦全勝(2KO)。黒田は30勝(16KO)9敗3分けとなった。
 「僕が勝つと思っていた人は少ないと思う。試合を受けてくれた黒田さんとジムに感謝したい。まだまだ突っ走るのでよろしくお願いします」と重里。敗れた黒田は2019年5月のIBFフライ級タイトル戦での判定負けから2年8カ月ぶりのリングで、左腕筋断裂などによる長いブランクを埋めることができなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ