本文へ移動

電車内で喫煙注意され暴行の男が「正当防衛」主張でトレンドに 「どう考えても成立しません」怒りの声

2022年1月25日 20時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 23日に栃木県内のJR車内で喫煙を注意した男子高校生に暴行を加え大けがを負わせて逮捕された飲食店従業員の男が正当防衛を主張していることが25日、報じられた。SNSでは「正当防衛」がトレンドワードトップになり「久々こんな気悪いニュース見た」「こんなん、一方的暴力行為でしょ?」「どう考えても成立しません」などの怒りの声が相次いだ。
 28歳の宮本一馬容疑者は、電車の優先席に寝転んで加熱式たばこを吸っていたことを高校生に注意され、殴る蹴るの暴行を加え、頬骨骨折などの重傷を負わせたという。
 ツイッター上では喫煙する宮本容疑者のイラストや乗客が撮影した暴行を続ける動画などもアップされ「これで正当防衛って言ってるの、ほんと終わってるよ。高校生可哀想で見てられない」「いや、これに注意した男子高校生メンタル強すぎるだろ。最強すぎる」「裁判で主張するだけなら何でもありなんだな」「正当防衛って言えば済むと思ってそう」など憤る声が次々と。さらに「勇気ある行動をした高校生、無事に回復しますように」と高校生を気遣う声も多かった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ