本文へ移動

【ヤクルト】奥川が5位ルーキー竹山に「新人の心得」伝授 「焦らず自分のペースで」

2022年1月26日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
自主トレに励むヤクルト・奥川

自主トレに励むヤクルト・奥川

 次世代エースがルーキー右腕に金言だ。ヤクルト・奥川恭伸投手(20)は25日、ドラフト5位・竹山日向投手(18)=愛知・享栄高=に「新人の心得」を伝授した。自身の経験を踏まえ「焦らず自分のペースでゆっくりやることが大切」とアドバイスを送った。
 「僕は新人合同自主トレで全然投げられなかった。1年目に投げられなくなったりして、焦る気持ちがすごく強かった。今思うと焦らずにゆっくりやってよかった」
 奥川は石川・星稜高からドラフト1位で入団した2年前の新人合同自主トレ中に右肘の軽い炎症が発覚。約3週間、ノースロー調整を強いられたが、我慢の日々が昨季の飛躍につながった。だからこそ、自身に弟子入り志願している竹山にオーバーペースは厳禁と、くぎを刺した。
 この日は新人が合同自主トレ中の埼玉・戸田球場で自主トレを実施。初めて奥川のキャッチボールを生で観戦した竹山は「すごく切れのあるボールを投げていたので、自分もあんなふうに投げたいと思いました」と目を輝かせた。
 そんな2人は同じ寮生だが、ともに人見知りで、いまだ会話はないという。現状打開へ奥川は「僕も1年目は先輩に声をかけるのも緊張していた。自分から話し掛けて仲良くなれれば」と宣言。積極的にアプローチすることを誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ