本文へ移動

西尾と岡崎の仏像が県有形文化財指定へ 「岡崎城跡の五万石ふじ」は県天然記念物

2022年1月25日 05時00分 (1月25日 14時40分更新)
専長寺の「木造阿弥陀如来立像」=西尾市教委提供

専長寺の「木造阿弥陀如来立像」=西尾市教委提供

  • 専長寺の「木造阿弥陀如来立像」=西尾市教委提供
  • 滝山寺の「木造菩薩立像(伝十一面観音)」=県提供
  • 岡崎城跡の五万石ふじ=岡崎市康生町で(県提供)
 県文化財保護審議会は二十一日、西尾市吉良町の専長寺の「木造阿弥陀如来立像(りゅうぞう)」と岡崎市滝町の滝山寺の「木造菩薩(ぼさつ)立像(伝十一面観音)」を県有形文化財に指定するよう答申した。「岡崎城跡の五万石ふじ」(同市康生町)も、県指定の天然記念物にするよう求めた。県内の他四件とともに、二十八日に正式決定され、県指定の文化財は、計六百三十五件となる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧