本文へ移動

元小結千代鳳の佐ノ山親方が結婚 「一目ぼれして連絡先を交換」東京と大阪の遠距離恋愛乗り越え

2022年1月25日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
婚姻届を手にする佐ノ山親方と桃花夫人(本人提供)

婚姻届を手にする佐ノ山親方と桃花夫人(本人提供)

 元小結千代鳳の佐ノ山親方(29)=鹿児島県志布志市出身=が、大阪市出身の桃花さん(21)=旧姓西田=と結婚していたことが24日に分かった。昨年12月10日に東京都葛飾区役所へ婚姻届を提出した。
 2人が出会ったのは3年前の春場所。「後援者の人と食事にいったときに紹介されて。一目ぼれして連絡先を交換しました。(桃花さんが)19歳のときでした。出会って1カ月で付き合い始めました」。それから東京と大阪の遠距離恋愛が始まった。
 「落ち込んだとき励ましてくれたり、相撲があるときは(神社に)お参りしてくれたり、現役のときから支えてもらっています。一緒に住んでからも毎日おいしいご飯を作ってくれる。マッサージしてくれたり」と佐ノ山親方。桃花さんも「親方の誠実で優しいところにひかれました。これからもサポートして笑顔が絶えない家庭をつくりたいです」と幸せにあふれている。
 弟の結婚に、兄で独身の千代丸(30)=九重=は「関取昇進や結婚と全部、弟に先にいかれましたけど、自分の方が(現役は)長続きするでしょう(笑)。いろいろと先に経験してもらって、教えてもらう予定です」と語った。
 ▼佐ノ山祐樹(さのやま・ゆうき)元小結千代鳳(ちよおおとり)。1992年10月11日生まれ、鹿児島県志布志市出身の29歳。現役時代は178センチ、185キロ。中学卒業後に先に入門していた兄・千代丸と同じ九重部屋から2008年夏場所で初土俵を踏む。12年春場所で19歳4カ月という若さで十両に昇進。14年夏場所で新小結昇進を果たした。同学年には御嶽海、北勝富士、宇良、翔猿らがいる。21年九州場所を最後に現役を引退。幕内通算125勝138敗22休。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ