本文へ移動

寺地拳四朗、王者・矢吹との3・19リマッチに「全然勝てる。しっかり決着つけたい」

2022年1月24日 19時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイレクトリマッチが決まり、記者会見の写真撮影で火花を散らすWBC世界ライトフライ級王者の矢吹正道(左)と挑戦者の寺地拳四朗

ダイレクトリマッチが決まり、記者会見の写真撮影で火花を散らすWBC世界ライトフライ級王者の矢吹正道(左)と挑戦者の寺地拳四朗

 ボクシングのWBC世界ライトフライ級王者・矢吹正道(29)=緑=と同級1位で前王者の寺地拳四朗(30)=BMB=のタイトル戦が3月19日に京都市体育館で行われることが24日、興行を主催する真正ジムから発表された。両者は昨年9月22日に対戦し、挑戦者だった矢吹が勝利し、新王者となった。だが、WBCから寺地の実績を考慮し、異例のダイレクトリマッチ指令が出ていた。
 この日、大阪市内で2人が会見。寺地は「すぐ対戦できるというのは運があると思います。つかんでチャンピオンに返り咲きたいと思います」と意気込んだ。8度防衛の実績が考慮され、原則禁止のダイレクトリマッチが実現した。
 プロ19戦目で初の敗北。そして王者からの陥落。一度でも負けたらボクシングを辞めようと考えていたそうで「次、何しようかなと。焼き肉屋かすし屋か」。実際、すし職人養成の専門学校か知人の焼き肉屋で働こうと迷ったこともあった。だが「悔しさがある」と再起を決意した。
 ここ2戦、ジャブが思うようにポイントにつながっていない。打開するために手数を増やし、ただ当てるのではなく有効打も求める。今まで当たり前になっていたチャンピオンの称号とベルト。失って、そのありがたみも再確認できた。
 「全然勝てると思う。一番はKO。しっかり決着をつけたい」。他団体や階級を変えることは考えなかった。全ては自分を取り戻すため。失意のどん底を味わった地元・京都で再び輝きを取り戻す。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ