本文へ移動

矢吹正道と寺地拳四朗のリマッチが3・19京都に決定 矢吹「勝たないと先がない」【ボクシング】

2022年1月24日 19時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
記者会見で王座防衛への意気込みを話すWBC世界ライトフライ級王者の矢吹正道

記者会見で王座防衛への意気込みを話すWBC世界ライトフライ級王者の矢吹正道

 ボクシングのWBC世界ライトフライ級王者・矢吹正道(29)=緑=と同級1位で前王者の寺地拳四朗(30)=BMB=のタイトル戦が3月19日に京都市体育館で行われることが24日、興行を主催する真正ジムから発表された。両者は昨年9月22日に対戦し、挑戦者だった矢吹が勝利し、新王者となった。だが、WBCから寺地の実績を考慮し、異例のダイレクトリマッチ指令が出ていた。
 2人はこの日、大阪市内で会見し、早くも火花を散らした。矢吹にとっては、何のメリットも見いだせなかったダイレクトリマッチ。だが、相対峙(たいじ)すると、闘志に火が付いた。「また強い拳四朗選手と戦う。しっかり勝って、防衛していきたい」と言葉に力を込めた。
 死闘の末につかんだベルト。だが、試合後しばらくしてバッティング騒動に見舞われた。WBCは故意とは認められないとの裁定を下しているが、再戦指令が出された。指令が出た以上、受けて立つのみだ。
 前回対戦で寺地の終盤の猛攻を受け、スタミナ強化へ動いた。走り込み、坂道ダッシュなどで後半勝負と位置付ける試合への対策に乗り出している。また、相手が前回より積極的に来ることも想定。「手数が増えるなら逆にチャンスも増える」と自信をのぞかせた。
 手を挙げてくれるスポンサーも現れた。今は仕事をせずに、ボクシングに専念できる。ただ、支えてくれる恭子夫人の夢は一軒家のマイホーム。もっと防衛を重ねなければ、手が届かない。
 「勝たないと先がなくなる。前回同様にチャレンジャー精神でいく」。せっかくつかんだベルト。手放す気は毛頭ない。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ