本文へ移動

【ヤクルト】高橋奎司が39度の発熱 PCR陽性…コロナ感染で自主隔離、現在は無症状

2022年1月24日 17時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクルト・高橋

ヤクルト・高橋

 プロ野球のヤクルトは24日、高橋奎司投手(24)が新型コロナウイルスの陽性反応を受けたと発表した。
 高橋は21日に39度の発熱があり、PCR検査を受検。23日に新型コロナ感染が判明した。現在は無症状で自主隔離している。濃厚接触者については所轄保健所の判定を待っているという。
 ヤクルトでは18日に太田賢吾内野手(24)、20日に原樹理投手(28)と内山太嗣捕手(25)のコロナ感染が判明している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ