本文へ移動

【ボクシング】バッティング騒動で”因縁の対決”矢吹正道と寺地拳四朗の再戦が3月19日に決定

2022年1月24日 13時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢吹正道(左)と寺地拳四朗

矢吹正道(左)と寺地拳四朗

 ボクシングのWBC世界ライトフライ級王者・矢吹正道(29)=緑=と同級1位で前王者の寺地拳四朗(30)=BMB=のタイトル戦が3月19日に京都市体育館で行われることが24日、興行を主催する真正ジムから発表された。
 両者は昨年9月22日に対戦し、当時挑戦者だった矢吹が10ラウンド(R)、2分59秒TKO勝ちで新王者となった。しかし、のちに寺地陣営が9Rに右目上をカットしたのは、矢吹の故意のバッティングではないかと、日本ボクシングコミッション(JBC)に質問状を送付。騒動となった。
 故意とは認められないとの結論に至ったが、WBCが寺地が世界王者として8度の防衛に成功していた実績を考慮。ボクシング界では原則禁止とされるダイレクトリマッチによる再戦指令を出し、両陣営はすでにタイトル戦に合意していた。
 両者の戦績は、矢吹が16戦13勝(12KO)3敗、寺地が19戦18勝(10KO)1敗。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ