本文へ移動

ニセ電話詐欺被害 ファミマ店員防ぐ 入善署から感謝状

2022年1月24日 05時00分 (1月24日 10時22分更新)
井上数也署長から感謝状を受けた宮嶋晃さん(左)=入善署で

井上数也署長から感謝状を受けた宮嶋晃さん(左)=入善署で

 入善署は、ニセ電話詐欺被害を防いだ入善町上野のファミリーマート入善下上野店と、アルバイト店員の女性二人に署長感謝状を贈った。
 署によると、十六日午後一時半ごろ、町内の六十代男性が女性店員に「電子マネー用プリペイドカードの陳列棚はどこか。三十六万五千円分を購入したい」と尋ねた。詐欺を疑った店員はオーナーの宮嶋晃さん(38)に連絡し、宮嶋さんが警察への通報を指示した。
 署であった贈呈式では、井上数也署長が感謝状と特殊詐欺被害防止推進店・事業所の認定プレートを宮嶋さんに渡し、「勇気ある声掛けをしていただいた。今後も詐欺被害防止に協力を」と謝辞を述べた。
 宮嶋さんは「高額なカードの購入は注意するよう指導している。今後もあれば警察に連絡し、連携を取っていきたい」と話した。(松本芳孝)

関連キーワード

おすすめ情報