本文へ移動

桝太一アナ、3月末で日テレを退社し大学研究者に転身 「バンキシャ」キャスターは継続で二足のわらじ

2022年1月24日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
桝太一アナウンサー

桝太一アナウンサー

 日本テレビの桝太一アナウンサー(40)が23日放送の番組「真相報道バンキシャ!」(日曜午後6時)冒頭で、3月いっぱいで日本テレビを退社することを発表した。今後は同志社大学ハリス理化学研究所の専任研究所員(助教)として、科学を社会に適切に伝える方法について研究し、同時に自ら実践していく道へ進む。「真相報道バンキシャ!」のキャスターは継続し、4月からは研究者とキャスターの二足のわらじで活動する。
 桝アナは日テレを通じてコメントも発表し「2006年に入社してから16年、アナウンサーとして大好きな生き物たちの魅力を伝える日もあれば、自然災害・コロナ禍のニュースを伝える日もありましたが、自分の中で共通して考え悩み続けてきたことは『どうすれば、もっと適切に科学を伝えられて、より良い社会に貢献できるだろう?』という点でした」と告白。
 東大農学部から同大学院へ進んだ桝アナは「解決する手段の1つが科学と社会をつなぐサイエンス・コミュニケーションという学問分野です。40歳を迎えたことを一つの節目として、今後の人生を使って本格的に取り組んでいこうと決意するに至りました。科学好きとして学んできた前半と、伝え手として学んできた後半、その2つを組み合わせることで、今後もしかすると自分にしかできない形で社会に貢献できることがあるのではないかと考えております」と説明した。「テレビの世界から程遠くアサリを研究していた変わり者を採用してくれたばかりか、分不相応と言える立場にまで抜てきし成長させてくださった」と日テレへの感謝もつづった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ