本文へ移動

磐田ユース新監督の前田さん 抱負語る

2022年1月24日 05時00分 (1月24日 05時02分更新)
磐田ユースの新監督に就任し、抱負を語る前田遼一さん=鹿児島市内で

磐田ユースの新監督に就任し、抱負を語る前田遼一さん=鹿児島市内で

 J1ジュビロ磐田の下部組織、磐田ユース(高校年代)の新監督に元日本代表FWの前田遼一さん(40)が就任した。同ユースコーチから一年での昇格。強いジュビロ復活を願うファンにとっては朗報となった。磐田ユースの二選手と共に鹿児島キャンプにも参加している前田さんに二十三日、チームづくりへの意気込みを聞いた。 (川住貴)

◆勝ち切るチームへ「共に成長」

 −コーチから監督への昇格を聞いた時は。
 すごくびっくりした。しばらく考え、こんな光栄なことはないので「お願いします」とお答えした。ただし、私は指導者としては未熟なので、現場の選手やスタッフには「僕自身、足りないところが多いので、助け合って、共に成長しよう」と伝えた。
 −新監督になっての抱負は。
 トップに多くの選手を送り込むと同時に、磐田ユースが強いチームでないといけない。ピッチ内ではめりはりをつけた指導をするし、ユース選手寮の生活など、ピッチ外でも厳しいことを言うつもりだ。
 −磐田現役時代から慣れ親しんだ鹿児島キャンプに来た印象は。
 懐かしい。ただし、私は指導者として来ているので、磐田トップの練習をしっかりと観察して、いろいろな良いところを吸収して、磐田ユースに還元したい。
 −磐田ユースが参加した昨季のプレミアリーグでは八位。得点も少なかったが。
 点を取ることと、勝つことの両方は難しい。だが、そんな中でも、勝ち切るチームづくりを進めたい。
 −現役への未練は。
 自分がもうこれ以上、成長しないと分かったので、現役を引退した。

 まえだ・りょういち 1981年、神戸市出身。東京・暁星高から2000年に磐田入団。磐田のエースストライカーとして活躍し、09年からJ1で2年連続得点王。FC東京、FC岐阜を経て、21年1月に現役引退を発表、磐田ユースコーチに就任した。J1通算154得点は、ランキング5位。


関連キーワード

おすすめ情報