本文へ移動

大橋悠依「自分の種目」200メートル個人メドレーで貫録V「すごくいいレースになった」

2022年1月23日 21時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大橋悠依

大橋悠依

◇23日 競泳・北島康介杯最終日(東京辰巳国際水泳場)
 女子200メートル個人メドレーに出場した東京五輪2冠の大橋悠依(26)=イトマン東進=は2分10秒65で優勝した。
     ◇
 五輪女王の貫禄を示した。本命種目を制した大橋は「個人メドレーは自分の種目」とプライドをのぞかせた。
 東洋大時代から指導を受けていた平井コーチの下を昨年12月に離れ、同じ所属先の入江らとともに石松コーチの指導を受けている。東京五輪後には拠点を海外へ移すことも考えたが、コロナ禍の影響で一時断念。練習の本格再開から約1カ月での泳ぎを振り返り、「自分としても拠点を変えて一発目の試合だったので、始まりという意味ではすごくいいレースになった」と充実の笑顔を見せた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ