本文へ移動

横浜トライ奪えず初黒星 司令塔・SO田村優欠場もあってか精彩欠く【ラグビー・リーグワン】

2022年1月23日 20時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
試合後、マフィ(右)をねぎらう埼玉の稲垣(中央)。左端は欠場し水係を務めた横浜の田村主将

試合後、マフィ(右)をねぎらう埼玉の稲垣(中央)。左端は欠場し水係を務めた横浜の田村主将

◇23日 ラグビー・NTTリーグワン1部第3節 埼玉27―3横浜(埼玉・熊谷ラグビー場)
 横浜は埼玉からトライを奪えず、初黒星を喫した。
     ◇
 開幕から2連勝と好調だった横浜は、日本代表の司令塔でもあるSO田村優主将が負傷で「無理したら行けたけど、大事をとって」(沢木敬介監督)欠場した影響もあってか精彩を欠いてノートライ負け。監督は「前半はチャンスがあったけど、埼玉の経験豊富な選手にうまく抑えられて流れをつかめなかった。勉強させてもらいました」とさばさばした表情で話した。
 この日、試合前にはトンガの災害犠牲者への黙とうがささげられた。日本代表でトンガ出身のナンバー8アマナキ・レレイ・マフィは、噴火から1週間が経過した土曜日(22日)に家族と連絡が取れたというが「家族は無事だったけれど、トンガの皆さんは今、本当に大変。家族のいる島には他の島からたくさんの人が避難してきている」と現地の事情を案じて、「今日はスタンドでたくさんの人がトンガの国旗を振ってくれてうれしかったし、トンガの人たちのためと思っていつも以上にモチベーションが上がった。ファンの皆さんに感謝しています」と謝意を示した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ