本文へ移動

小林がコロナ陽性 症状はなく自宅で療養 巨人選手では今年6人目

2022年1月23日 19時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
巨人・小林誠司捕手

巨人・小林誠司捕手

 巨人は23日、小林誠司捕手(32)が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。22日に球団が実施するスクリーニングのためのPCR検査で陽性となり、23日に医療機関で診察を受け、陽性と診断された。発熱などの症状はなく、自宅療養している。
 小林は5日から19日まで大阪府内で中日・大島、高橋周らと一緒に自主トレをしていた。この自主トレ組からはロッテ・藤原が陽性判定を受けていた。小林は帰京した20日の球団のPCR検査では、陰性との判定を受けていた。帰京後に球団施設の利用はなく、他の選手、スタッフとの接触はないという。
 今年の巨人では、これで保科、重信、萩原、山口、与那原に次いで選手6人目の新型コロナウイルス陽性となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ